チャイム

 キンコンカンコン。チャイムの音は教師をしていて、いつも傍らにある。時の知らせ。正確な合図。授業開始、休み時間、清掃…。

 教室にいるたくさんの人々が一斉に行動を開始する。例えばただいま現代文の授業を担当しているが、話し足りないことがあったとしても、切り上げなくてはならない。 

 少し歩いていった先に学校がある。たまに代休などがあって、平日に家にいたりすると、その学び舎のチャイムを耳にする。

 晴れた日に書斎の窓から吾妻の山を眺めていると、こだまして届いてくるかのようだ。黒板を見つめる子どもたちの姿を想像する。空に澄み渡るかのような響き。これはもはや習性だろうか。それに合わせて、本を開いてしまったりする。

 近所の方々もみな同じく味わっているに違いないと勝手に想像。毎日の暮らしは、小さな一つひとつの出来事にいつも支えられている。

 そういえば、教師になったばかりの私の重要な仕事の一つが、チャイムの機械のセットだった。時間を合わせた後の最初の鐘が、果たしてきちんと鳴るかどうか。心配して職員室の時計をじっと見つめる。後ろに先輩の先生方の姿も。キンコン。聞こえると皆で微笑んだ。誰彼ともなく。ヨシ。