8 鳥居

あの日 
海が見える神社の 
近くの丘に
四十数人の人々が 
避難をした
津浪が 
お社も 
大人も 
子どもも 
みんな 
さらっていってしまった
鳥居が建てられた 
柱には 
四十数匹の鳥が
描かれた 
その絵は 
夜明け前に 
いつも飛ぶ 
木から木へ 
雲から雲へ 
その先へ 
わたしと 
あなたの街で 
さえずる 
そして
帰っていく  
窓に
庭に 
通りに 
一日を
残して  
どこへ
あの日へ    
 

1 Star
(20 votes)
Loading...
2015.07.13更新