想田和弘監督との対談が終わりました。ハッシュタグ→ #sodawago で検索していただけると全部、ご覧いただくことが出来ます。ご感想をいただけると嬉しいです。書籍にも収められます(その情報もあります)。そちらもよろしくお願いいたします。

loader
表示されない場合はこちら


和合 亮一(わごう りょういち)


1968年福島市生まれ。国語教師。
第1詩集「AFTER」(1998)で第4回中原中也賞受賞。
第2詩集「RAINBOW」で高見順賞最終候補。
第3詩集「誕生」で現代詩花椿賞と晩翠賞最終候補。
第4詩集「地球頭脳詩篇」で第47回晩翠賞受賞(2006)。
日本経済新聞誌上等にて「若手詩人の旗頭的存在」と目される。
第5詩集「入道雲 入道雲 入道雲」
第6詩集「黄金少年」(2009)。
詩人・谷川俊太郎さんとの共著「にほんごの話」(2010)。

震災以降、地震・津波・原子力発電所事故の三重苦に見舞われた福島から、Twitterにて「詩の礫」と題した連作を発表し続ける。
アカウント(@wago2828)
海外でもフォロワーによって多言語に翻訳され、オランダの世界的コンサートホール、コンセルトヘボウにて行われた東日本大震災追悼コンサート(主催:ロイヤル・コンセルトヘボウ・オーケストラ/ジャパンフェスティバル財団)に招致、世界三大オーケストラであるロイヤル・コンセルトヘボウ・オーケストラと共演、詩の礫を朗読し、被災地が抱える思いを発信する(2011年5月)。

2011年6月、これらの作品群を、
「詩の礫」(徳間書店)=新潮ドキュメント賞および鮎川信夫賞最終候補、
「詩の黙礼」(新潮社)=萩原朔太郎賞および高見順賞 最終候補、
被災者と和合との対談と 新作詩で綴る「詩の邂逅」(朝日新聞出版)として書籍化、3冊同時出版。
これらの作品の一部は、これまで、作曲家・新実徳英氏、伊藤康英氏、上田益氏、信長貴冨氏、高嶋みどり氏の手によって合唱曲や歌曲として完成、また、女優・吉永小百合氏により国内外で朗読されるなど、世に広く送り出され始めている。

2011年5月には、ギタリストで世界的に活動する音楽プロデューサーの大友良英氏、元スターリンの遠藤ミチロウ氏とともにPROJECT FUKUSHIMA!を立ち上げ、終戦記念日でもある8月15日、福島の今を見つめ、世界に発信する世界同時多発イベントを開催。
坂本龍一氏のピアノ、大友良英氏のギターと共演・「詩の礫」を朗読。
イベントは1万3千人の来場者をあつめ、インターネットでは世界25万人の視聴を記録した。

ドイツの作曲家シュテファン・ハーラップ氏、フランスの写真家ティエリ・ジラール氏とともに、それぞれ震災にまつわる作品の共同制作を進行。

2011年12月、佐渡裕氏指揮の「サントリー 1万人の第九」冒頭では、南三陸町の防災庁舎前から作品「高台へ」(『詩ノ黙礼』より)を朗読、追悼の想いを捧げる。

震災から1年の2012年春、福島の25人に和合が一人一人の震災からの現実や想いを聴きとったインタビュー集「ふるさとをあきらめない:フクシマ25人の証言」(新潮社)、弔い・慰藉・祈り・希望・鎮魂と再起を願う詩篇と、甚大な被害をこうむった南三陸町在住の写真家が撮った美しいふるさとの写真とのコラボレーションによる写真詩集「私とあなた、ここに生まれて」(明石書店)、ジャーナリスト佐野眞一氏との対談集「言葉に何ができるのか~3.11を越えて」(徳間書店)、震災からの1年を詩とエッセイで綴る魂の記録「ふたたびの春に―震災ノート」(祥伝社)、の4冊を刊行。

2012年3月発行の河北新報3.11大震災復興企画 詩・楽曲集「ありがとうの詩」では、東日本大震災直後から宮城県に寄せられた支援に感謝の気持ちを伝えようと公募された「ありがとう」をテーマとした50作品を審査している。
日本マンガのアメリカ市場を開拓したTOKYOPOP社の創立者であるスチュウ・リービー氏が、東日本大震災の直後から被災者支援ボランティアをしながら撮影したドキュメンタリー映画『PRAY FOR JAPAN ~心を一つに~』に作品を提供、俳優 鈴木京香氏が朗読。この映画は全米16都市で公開、日本でも、震災から一年の区切として、ワールドプレミアイベント上映会などが行われた。

EUジャパンフェスト日欧現代詩フェスティバルin東京(2005)に日本代表の一員として出演。
中国青海省国際詩祭(2007)に日本代表詩人として招致。
韓国語訳詩集日本代表アンソロジー(2002)、日中現代詩プログラム中国語訳日本代表アンソロジー(セゾン財団2003)に作品収録。
共同通信で詩の時評を連載。(2004)
読売新聞文化欄で詩の時評を連載(2009~2010)。
日本経済新聞でエッセイを連載(2009)。

詩のみならず、評論・書評・コラム・校歌や記念賛歌、合唱曲の作詞も手がける。
(福島県立明星高等学校校歌/品川区立小中一貫校八潮学園校歌/箱根町立箱根中学校校歌/喜多方市立桐桜高等学校校歌/伊達市立国見小学校校歌/うつくしま未来博閉会式記念賛歌/福島市市制施行100周年記念賛歌/福島県立医科大学学生歌・・・等)
全国で講演・パフォーマンス・ワークショップ等多数。

Podcast … rfcPod
「詩の礫~和合亮一のアクションポエジー 」




[contact-form-7 id="2920" title="お問い合わせ"]

タグ: sodawago

  • avatar

    2012年06月30日 パーマリンク
    タグ: sodawago   

    想田和弘監督との対談が終わりました。ハッシュタグ→ #sodawago で検索していただけると全部、ご覧いただくことが出来ます。ご感想をいただけると嬉しいです。書籍にも収められます(その情報もあります)。そちらもよろしくお願いいたします。

  • avatar

    2012年06月30日 パーマリンク
    タグ: sodawago   

    @KazuhiroSoda @ryohagino 想田さん、萩野さん、久下さん、ありがとうございました。お疲れ様でした! 最初は上手くいかず、どきどきしました。ツイッターの表現世界に新しい可能性を開くことが出来たようで、嬉しかったです。 またぜひ…。#sodawago

  • avatar

    2012年06月30日 パーマリンク
    タグ: sodawago   

    @KazuhiroSoda @ryohagino ありがとうございました! ぜひぜひお会いしたいです。またお話の続きを…、ありがとうございました!

    #sodawago

  • avatar

    2012年06月30日 パーマリンク
    タグ: sodawago   

    @KazuhiroSoda @ryohagino 生まれるし、想田監督の「観察映画」と拙なる私の「詩の礫」がやるべきことは、たくさん横たわっていると思います。まとまりがなくてすみません。想田さん~、最後、美しくまとめて下さい~。

    #sodawago

  • avatar

    2012年06月30日 パーマリンク
    タグ: sodawago   

    @KazuhiroSoda @ryohagino つなぎあせていく眼がもとめられる。それが<神>から<私>へと震災以降、視点を譲って欲しいというふうに、みなさんで求めているのだとすれば、そこから新しい民主主義は必ず、→

    #sodawago

  • avatar

    2012年06月30日 パーマリンク
    タグ: sodawago   

    @KazuhiroSoda @ryohagino 思います。そして時間を司ることを本当に求めるとき、ありのままそのままの時間の中の…、冒頭の言葉をお借りすれば、ドキュメントの中の「フィクション性」のかけらを→

    #sodawago

  • avatar

    2012年06月30日 パーマリンク
    タグ: sodawago   

    @KazuhiroSoda @ryohagino 背反してせめぎあっていて、それが一個の社会批評たりえていると思います。なるほど。私は時間をつかさどる想田監督の手立てが、重要な社会時間への<批評>になっていると →

    #sodawago

  • avatar

    2012年06月30日 パーマリンク
    タグ: sodawago   

    @KazuhiroSoda @ryohagino 私はその同調圧力からの呪縛が、一個の歯車として生きることを強いられてしまう現代社会に自由を問うことにつながっていくと想います。想田さんのお仕事には渾然と解放とが→

    #sodawago

  • avatar

    2012年06月30日 パーマリンク
    タグ: sodawago   

    @KazuhiroSoda @ryohagino 日常にある恐怖をもっと受け止めなくてはいけないし、もっとユーモアを語っていい。それが、恐怖とユーモアのどちらも、見えない社会の同調圧力のようなものから封じられる。→

    #sodawago

  • avatar

    2012年06月30日 パーマリンク
    タグ: sodawago   

    @KazuhiroSoda @ryohagino先日、和太鼓奏者であり作曲者の佐藤三昭さんと夜遅くまで、語り合いました。和太鼓で描く、津波と原発の恐怖を忘れない曲を作って欲しいとお願いいたしました。→

    #sodawago

  • avatar

    2012年06月30日 パーマリンク
    タグ: sodawago   

    @KazuhiroSoda @ryohagino でも最初から田村の筆には、恐怖とユーモアという背反したものがいつもせめぎあっていて、それは私たちの根源的な有り様を呼び覚まそうとしています。→

    #sodawago

  • avatar

    2012年06月30日 パーマリンク
    タグ: sodawago   

    @KazuhiroSoda @ryohagino が頻出するように、高所恐怖症にも似た、社会への不安や違和感を描きました。そして
    それからは年を重ねて、社会と親しくなるようにしながら、ユーモアを求めた。→

    #sodawago

  • avatar

    2012年06月30日 パーマリンク
    タグ: sodawago   

    @KazuhiroSoda @ryohagino 私の敬愛する詩人の一人、田村隆一の書く詩のテーマは、恐怖感とユーモアでした。
    二十代から三十代ぐらいまでの田村は観念的なイメージを追いかけて、「崖」という言葉→ #sodawago

  • avatar

    2012年06月30日 パーマリンク
    タグ: sodawago   

    @KazuhiroSoda @ryohagino 「生」の時間を求めることにおいて、これまでの迷いや葛藤、それでもこのことだけは貫きたいという「生」を求める創作者としての到達点と、これからの展望を教えていだけますか? #sodawago

  • avatar

    2012年06月30日 パーマリンク
    タグ: sodawago   

    @KazuhiroSoda @ryohagino 想田さんの作品…、たとえば「Peace」のチラシに書かれてある通りだと思います。戦争と平和、生と死、ユーモアと切なさが同居する「生の時間」。惹かれます。想田さんに迷いは感じられないけれど、→ #sodawago

  • avatar

    2012年06月30日 パーマリンク
    タグ: sodawago   

    @KazuhiroSoda @ryohagino それは想田さんのお言葉を借りると、私なりのドキュメント=「無情」や「孤独」の本質を、辛いからこそ一緒に同じ足取りで、受け止めさせていだいているという感覚なのかもしれません。 →#sodawago

  • avatar

    2012年06月30日 パーマリンク
    タグ: sodawago   

    @KazuhiroSoda @ryohaginoそのチャンネルの周波数でしか、本当の私にとってのドキュメントを宿すことは出来ない→

    #sodawago

  • avatar

    2012年06月30日 パーマリンク
    タグ: sodawago   

    @KazuhiroSoda @ryohagino
    私にとりこの感応体=センサーが大切なのであり、それは何とも説明のできないことなのですが、場を共有するという一体感でしか、チャンネルは探し出せないし、→#sodawago

  • avatar

    2012年06月30日 パーマリンク
    タグ: sodawago   

    @KazuhiroSoda @ryohagino 全く分からない。だけどフォロワーのみなさんがそれぞれの感受性のセンサーのリアクションを返して下さるので、また書き進めることができています。→#sodawago

  • avatar

    2012年06月30日 パーマリンク
    タグ: sodawago   

    @KazuhiroSoda @ryohagino ありましたが春からずっとなるべく止めずに書いています。上手くいえないのですけれど、今の私は全く個人的な身体感覚というか生理感覚のようなものにだけ依拠しようとしているだけで、正しいのか、正しくないのか、→ #sodawago

  • avatar

    2012年06月30日 パーマリンク
    タグ: sodawago   

    @KazuhiroSoda @ryohagino 白熱するような夢中な感覚を、一連の震災からのツイッター発信の創作活動により、身体自体が覚えているところがある。今は身体と精神にそれを徹底的に記憶させようとして、本を刊行してからしばらく休んでいたことも→ #sodawago

  • avatar

    2012年06月30日 パーマリンク
    タグ: sodawago   

    @KazuhiroSoda @ryohagino 言葉ではなく、例えば風とか匂いとか音とか映像とか…がやって来ます。悪夢といおうか、激しい夢の続きといおうか、シュールな何か…、こうして考えてみると私にとっての映画の場面なのかもしれません。 →#sodawago

  • avatar

    2012年06月30日 パーマリンク
    タグ: sodawago   

    @KazuhiroSoda @ryohagino だけどたとえば、22日開業のスカイツリーの話題で持ちきり…。こういう時、かあっと来ます。ほとんどかあっと「詩の礫」の前触れがやって来ます。魔物のようなものがやって来て、キーを打つ手が迷わなくなる。→ #sodawago

  • avatar

    2012年06月30日 パーマリンク
    タグ: sodawago   

    @KazuhiroSoda @ryohagino 5月28日に、浪江町に一時帰宅した後、ご自身が経営をしていたスーパーの倉庫で自死なされた方の遺体が発見されました。私の知るかぎり、原発問題での自殺はこれで3件目。社会を揺るがす、悲しい問題だと思った。→ #sodawago

  • avatar

    2012年06月30日 パーマリンク
    タグ: sodawago   

    @KazuhiroSoda @ryohagino これは大きな問いかけになってしまい、申し訳ないのですが、想田さんは震災後の今を、ドキュメント作家としてどう見つめていらっしゃいますか?そして演劇を扱った次なる新作の後に何か構想をお持ちでいらっしゃいますか? #sodawago

  • avatar

    2012年06月30日 パーマリンク
    タグ: sodawago   

    @KazuhiroSoda @ryohagino しかし、もはや記憶との対峙…といった悠長なことは、私にとっては別問題という気がしています。現在、私たちははっきりと終わらない震災の中にあり、有事の現場に暮らしている→ #sodawago

  • avatar

    2012年06月30日 パーマリンク
    タグ: sodawago   

    @KazuhiroSoda @ryohagino 確かにおっしゃる通り、詩はその時にもう産まれているものであり、印刷媒体とはそれを記憶するものに過ぎないのかもしれません。だけどその記憶と対峙することもまた、文学の醍醐味でもあるのだと思っています。→ #sodawago

  • avatar

    2012年06月30日 パーマリンク
    タグ: sodawago   

    @KazuhiroSoda @ryohagino 私は背筋が冷たくなるような感覚を探しています。これは私の師匠の作家井上光晴の受け売りなのですが…。背筋が冷たくなるようなものだけを追いかけよ…と。→ #sodawago

  • avatar

    2012年06月30日 パーマリンク
    タグ: sodawago   

    @KazuhiroSoda @ryohagino これは私自身の解釈ですが、<主観>をどこまでも排する精神の裏側にこそ、深遠で親密な<私>の本当の眼があるといえるのではないしょうか。
    → #sodawago

  • avatar

    2012年06月30日 パーマリンク
    タグ: sodawago   

    @KazuhiroSoda @ryohagino 生き生きと伝わってきます「ドキュメンタリーは主観の産物」…なるほど。「選挙」は動、「Peace」は静。それぞれの世界の早さに感応して、しかし変わらない想田さんの温度を感じます。→ #sodawago

  • avatar

    2012年06月30日 パーマリンク
    タグ: sodawago   

    @KazuhiroSoda @ryohagino 「俺、天才か?」と思った瞬間に失敗…、分かりますよ~。想田さんでも、そんことあるんですか…笑。「選挙」の数々のシーンでも、痛いほど、今の社会の矛盾とひたむきに向き合って頑張っている人たちの表情が、→ #sodawago

  • avatar

    2012年06月30日 パーマリンク
    タグ: sodawago   

    @KazuhiroSoda @ryohagino
    すみませ~ん。対談時間の延長を申し込んでしまいました~。よろしくお願いいたします。#sodawago

  • avatar

    2012年06月30日 パーマリンク
    タグ: sodawago   

    @KazuhiroSoda @ryohagino
    目の前の現実をありのままにそのままに受け止めたいことだけが今の私の詩における<観察>の欲望なのかもしれません。長くなっちっゃてすみません。<主観>と<観察>について、想田さんのお考えをお聞かせ下さい。
    #sodawago

  • avatar

    2012年06月30日 パーマリンク
    タグ: sodawago   

    @KazuhiroSoda @ryohagino 頭がかあっとなり、何も考えていないままに書き続ける時に、たくさんの受け手と呼吸しているような、ツイッターの画面でみんなで息を感じあっているような感覚があります。→

    #sodawago

  • avatar

    2012年06月30日 パーマリンク
    タグ: sodawago   

    @KazuhiroSoda @ryohagino リアクションをいただくと強く感覚しています。ある能楽師が私に「最も能楽を、一番舞うことが出来ている時は、自分がこの世界に居ないと感覚することが出来た時だ」と教えて下さったことがあります。→ #sodawago

  • avatar

    2012年06月30日 パーマリンク
    タグ: sodawago   

    @KazuhiroSoda @ryohagino 私はそこで、条理の文体を志向するように大きく変わりました。「観察」の概念はとても興味深い。今のお言葉から、何か大きなヒントをいただきました。観察における「主観」なるものを排したもののほうが「詩の礫」には→ #sodawago

  • avatar

    2012年06月30日 パーマリンク
    タグ: sodawago   

    @KazuhiroSoda @ryohagino 目の前そのものが不条理世界に一変しました。生の<不条理>は今なお、空気が静かになったというだけで、何も変わってはいません。眼前の不条理世界を、不条理な文体で描くことは、本当に何も伝わらない世界です。→ #sodawago

  • avatar

    2012年06月30日 パーマリンク
    タグ: sodawago   

    @KazuhiroSoda @ryohagino イメージの火花を追いかけてきました。不条理な世界を言語空間に創出させたいという欲望は、そして今もなお、変わっていません。ところが津波、原発、風評、避難…などの福島の現実を目の当たりにしてきて、→ #sodawago

  • avatar

    2012年06月30日 パーマリンク
    タグ: sodawago   

    @KazuhiroSoda @ryohagino 私は「観察」という手法から、遠い詩人だったかもしれません。震災を経て、私の中で書きたいものが大きく変化しました。私はもともとシュールレアリズムに没頭して書いてきた人間ですから、→ #sodawago

  • avatar

    2012年06月30日 パーマリンク
    タグ: sodawago   

    @KazuhiroSoda @ryohagino

    こだわるのは、そこなのです。それを失ってしまうと、とたんにリアクションが変わる。だから、想田監督の映画に惹かれます。「観察映画」というネーミングは、どのようにして生まれたのですか? #sodawago

  • avatar

    2012年06月30日 パーマリンク
    タグ: sodawago   

    @KazuhiroSoda @ryohagino の中で変わりました。想田監督の映画には、先を行く道先案内人というわけでもなく、祭りを司る者としてでもなく、あくまでも同時に存在することの精神に満ちています。私がツイッターに詩を発信することに→ #sodawago

  • avatar

    2012年06月30日 パーマリンク
    タグ: sodawago   

    @KazuhiroSoda @ryohagino 内的経験…、詩は書かれたものが届けられるまでのタイムラグというものがそのものとしてあります。ツイッターで詩を書いて届けるということは、その文学としてのタイムラグのタブーを根底から変えるものと、→ #sodawago

  • avatar

    2012年06月30日 パーマリンク
    タグ: sodawago   

    @KazuhiroSoda @ryohagino それが一瞬にして、同じ温度となって、うん、呼吸とも言えますかね…、同じ今を生きているという感覚を、清新に伝えてくれるように思います。これは計画的・予定調和的では、生まれません。#sodawago

  • avatar

    2012年06月30日 パーマリンク
    タグ: sodawago   

    @KazuhiroSoda @ryohagino よく分かりました。ドキュメンタリーの中にある、時間を司る感覚といいますか、それが偶然にも想田さんの心の中で野分道が出来上がっていって、一緒に分かれた道を監督も出演者も観客も歩くという感じが→ #sodawago

  • avatar

    2012年06月30日 パーマリンク
    タグ: sodawago   

    @KazuhiroSoda @ryohagino なるほど、目の前の世界から学ぶ…、私も同感です。「peace」の特にラストの橋本さんの、戦争に行ったお話には涙が出ました。あれは想田さんが語られているように、打ち合わせで登場した場面ではないことは、拝見して→ #sodawago

  • avatar

    2012年06月30日 パーマリンク
    タグ: sodawago   

    @ryohagino @KazuhiroSoda 良かった。パソコン、無事に動きました。息が止まるぐらいどきどきしました…。#sodawago

  • avatar

    2012年06月30日 パーマリンク
    タグ: sodawago   

    @KazuhiroSoda @ryohagino 想田さんにとってにとって、どのような創作過程をたどるものですか。カメラを構えて、飛び込んでくるものの偶然性の足取りをたどりながら、進められていると感じました。#sodawago

  • avatar

    2012年06月30日 パーマリンク
    タグ: sodawago   

    @KazuhiroSoda @ryohagino パソコンの調子が悪くて、すみません。今、とてもどきどきしながら、あれこれとキーをいじり、やっとつながった気がします。あらためてよろしくお願いいたします。まずは質問します。ノンフィクション映画を撮るという→、#sodawago

  • avatar

    2012年06月30日 パーマリンク
    タグ: sodawago   

    @ryohagino 大変に遅くなりまして申し訳ありませんでした。映画を拝見してまず最初に感じたのは、想田さんの作品にある温度というものでした。想田さんそのものが感応体になって、耳を澄ますようにしながら、内側に反響する何かを手探りで探している温度を感じました。#sodawago

  • avatar

    2012年06月27日 パーマリンク
    タグ: sodawago   

    告知/30日(土)10:30〜、想田和弘監督@KazuhiroSoda と和合亮一 @wago2828 対談がtwitterで実現。テーマは、個の/による記録:《観察映画》と《詩の礫》。対談は7月刊行『ソーシャル・ドキュメンタリー』にも収録予定。詳しくは→ #sodawago

Top