風はある日  荒れ狂いながら私の家の窓を叩く 鉛のようになって  誰の心も寄せつけない雲も 激しく打ち続ける雨の粒と  地上に釘打つ稲妻も 落ち着くまで  台所で コーヒー豆でも 挽いているしかない

風はある日 
荒れ狂いながら私の家の窓を叩く
鉛のようになって 
誰の心も寄せつけない雲も
激しく打ち続ける雨の粒と 
地上に釘打つ稲妻も
落ち着くまで 
台所で
コーヒー豆でも
挽いているしかない