11 足跡

IMG_2576

白い紙を広げて考え込んでいると
ふと 静かな靴の音が聞こえてくる
書きたいと思っていることが
ゆっくりと足を動かして近づいてくる

大きなはっきりとした両足の音が
ふと それを追い抜いていく
今日という一日の時間が
通り過ぎていったのかもしれない

はるか遠くを駆ける白い裸足がある その音が
こちらまで 聞こえているのか そうではないのか
なぜそんなに 急いでいるのか その裏が光って 
矢のようになって 消えた気がした

遠ざかっていく たくさんの足がある
この事実こそを 僕は記したいのだけれど
白さが目にまぶしいばかりだ 足跡で汚れた 
原稿用紙ばかり 散らばっている

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で